相続税豆知識「計算方法と税額免除

相続税の計算方法は非常に複雑です。その手順は、まず相続財産を合算してから、非課税となる部分と債務控除の対象となる部分を差し引いた後、この金額に相続開始日から遡って過去3年間に贈与された財産の総額を加えます。この課税価格から基礎控除額を差し引いたものが課税対象となる財産の総額となります。次に、この課税対象となる財産の総額から各相続人の法定相続分にあたる金額を計算して、速算表をもとに法定相続額に所定の税率を乗じた金額から控除額を差し引いて各相続人の仮の税額を計算します。そして、全ての相続人の仮の税額を合算して総額を算出します。この総額を遺産分割協議によって決まった相続割合で配分した後、税額免除分を差し引いたり、税額加算分が加えた結果出てくるのが各相続人が納付すべき税額です。
この税には他の国税と同様に条件を満たせば税額免除を受けることができます。税額免除には、贈与税との二重課税を防ぐために設けられている贈与税控除、配偶者に限り1億6,000万円までの部分が控除の対象となる配偶者控除、20歳未満の法定相続人が対象の未成年者控除、障害を持つ法定相続人が対象の障害者控除、10年以内に複数回の相続が発生した場合に2回目以降の相続時に支払う税額の一部を免除する相次相続控除、外国で相続時に税金を支払った場合に対象となる外国税額控除があります。

Filed under: 未分類 — アイコ 7:38 AM