相続手続きに掛かる費用の平均

相続手続きにどれくらいの費用がかかるかというのは、案件によってもかなりの開きがあります。一般的には、預貯金などは代表相続人が解約したり名義変更をするだけで分配することができますので、別途専門家に報酬が発生することはありませんが、不動産の場合には、司法書士に名義変更の登記を依頼する必要があります。この場合、不動産の価値がどれくらいか、現在の所有者が誰になっているか、相続人が何人いるかなどによって報酬金額が異なってきますので、実際に専門家のところに行って話を聞いてみることをお勧めします。
相続による名義変更の場合には、所有者から相続人全員に至るまでの戸籍謄本や住民票、相続関係説明図などが必要になります。また、法定相続持分以外の方法で相続する場合には、遺産分割協議書の作成もしなければなりません。また、不動産の価値の0.4%に該当する登録免許税なども必要です。両親など近い続柄からの相続であれば、10~20万円程度で登記ができることもありますが、何代も登記をせずに放置していると、取り寄せる戸籍も遺産分割協議書の枚数も多くなりますので、50~100万円を超えることがあります。そのため、事前に報酬の確認をしておきましょう。

Filed under: 未分類 — アイコ 7:37 AM