配偶者の税額を軽減させるには

相続税には「基礎控除」「贈与税額控除」「未成年者控除」「障害者控除」などの控除がありますが、その中でも一番大きいのが「配偶者税額軽減制度」です。
夫と妻は、お互いに協力して生活をしていますので、被相続人の財産形成に大きく貢献していたであろうし、残された者の老後を保障も考えねばならないという意味から作られた制度です。
「法定相続分」又は「1億6000万円」のいずれか大きい額までの財産を相続しても相続税がかからないのです。
もちろん、法定相続分を超えて何10億円もの財産を相続した場合には相続税は課税されますが、一般的に「配偶者には相続税がかからない」と言われているのはこのためです。
この控除は、婚姻期間に関係がありませんので例え1日であっても婚姻の届出があれば適用を受けることが出来ます。
この適用を受けるためには、相続税の申告期限までに相続分を決めて申告書を提出することが必要です。
この制度を受ける場合に、ひとつ頭に置いておかなければならない事があります。
それは、相続をした配偶者が高齢であることが多いために、相続をした直後に亡くなってしまい、再び相続税が発生してしまう可能性があることです。その場合、トータルでどういう遺産分割が節税となるのか。よく考えておく必要があります。

Filed under: 未分類 — アイコ 7:39 AM