遺産分割手続きの大まかなスケジュール

相続が発生すると、さまざまな手続きが必要になりますが、それぞれ期日が決められています。財産を相続した場合には、税金を払いますが、基礎控除を超える相続財産があれば、10ヶ月以内に相続税を申告、納付しなければいけません。これまでに、相続財産についての手続きを終えられるように、専門家に依頼するなどして、漏れのないように進めていきましょう。
まずは、誰が相続人になるのか調べるために、戸籍を取り寄せて調査します。相続財産についても、管理している人に内容の開示を要求するなどして、調査します。遺言の有無を確認し、ある場合で公正証書以外なら、家庭裁判所で検認手続きを行います。遺言書があれば、それに従って遺産分割を行うことになります。
遺言がない場合には、相続人全員で話し合って、分割の割合や分割方法などを決定します。分割の内容は自由ですが、全員が合意する必要があります。合意後、協議書を作成し、不動産の登記や財産の受け取りを行います。
協議がまとまらなかった場合は、調停を申し立て、家庭裁判所で話し合いを行います。ここでも話し合いがつかなければ、家庭裁判所での審判となります。
遺産を受け取ったら、相続税の申告と納税を行います。